バターナイフさすり

スポンサーリンク
バターナイフさすり

ひざ痛で歩行や正座が困難になる前にバターナイフさすり

ひざは大腿骨の骨とすねの骨をつなぐ関節で、これが年齢を重ねるとともに擦り減り炎症を起こします。 ひざ痛が始まったら速やかに整形外科を受診し、並行してバターナイフさすりも試してみましょう。 バターナイフを斜めに傾けてさすると効果的です。
バターナイフさすり

【肩こり】にはバターナイフさすりで筋膜の癒着を延ばす

同じ姿勢を続けることで、筋肉が緊張し疲労物質がたまって硬化します。すると血流も悪くなります。 また肩こりにより痛みが生じている場合、筋膜が癒着しているケースが多いと言います。 そこで登場するのがバターナイフ。バターナイフさすりで筋肉の癒着を延ばします。
バターナイフさすり

緊張型頭痛の解消には【瘂門(あもん)】と【風池(ふうち)】を刺激する

緊張型頭痛の解消にはツボ押しやマッサージが効果的です。 ツボ押しやマッサージで首、肩、後頭部の血流を良くするという狙いがあります。 頭痛を和らげるツボのことを「瘂門(あもん)」と「風池(ふうち)」と呼びます。
バターナイフさすり

眼精疲労を改善するには目のまわりの筋膜やツボを刺激

眼精疲労の改善には、パソコンでの作業やテレビ鑑賞、読書など行うとき定期的に休憩を入れると良いようです。 そして休憩の時には遠くを見たり、目を上下左右に動かすといったストレッチが効果的です。 また、目に良いとされるツボをバターナイフで優しく刺激するのもありです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました